So-net無料ブログ作成
検索選択

FusionPCB [電子工作]

引っ越しで更新が滞っていました。

激安PCB製造サービス、FusionPCBを使ってみたので その感想など。

FusionPCBのオーダー方法は、説明している他サイトを参照してください。

電流帰還のヘッドホンアンプを1レイヤーで注文した。

Eagleで発注する場合はガーバーデータで出力して後からメールで送る。

IMG_0797.jpg

シルク印刷は綺麗ではないが問題ないレベル。もしかするとガーバーデータが悪かったのかもしれない。

IMG_0798.jpg

スルーホールのズレはよく確認するとややずれている程度。満足のいくレベル。

IMG_0799.jpg

完成

iphone-633.jpg

1レイヤーで注文したのでガーバーデータはbottom sideのみ送ったのだが、1レイヤーでも両面ランドの仕様だったらしくbottom sideを鏡面コピーしてtop sideを製造されていた。よってSMDのランドが表面にも存在することとなった。(繋がってはいない)

1レイヤーで注文してもtopとbottomのデータ両方を送った方が良いかもしれない。

eagleで有名なolimexはeagleのファイルをそのまま送れる(ガーバーデータを作成する必要がない)簡単さがメリット。

しかしながら個人的には、ガーバーデータで必要なデータを確認して送れるFusionPCBの方が安心できた。(olimexもガーバーデータは受け付けてくれるが)

olimexで注文するときは、必要・不必要レイヤーの確認とシルク印刷の制約が面倒に感じた。

レスポンスと納期が早い。 製造・出荷・郵送追跡などステータスが確認できる点も、olimexより優れている。

なおアクリル樹脂の低価格レーザーカットサービスもあるのでケースを作ることも出来る。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。